免許番長のくるま道場

免許の豆知識

【免許証の紛失や交換】1分でわかる再交付の手続き方法


 

「免許をどこかでなくしてしまった!!」
「免許証に傷がつきすぎて、新しいのに交換したいけどどうすればいいの!?」

免許のトラブルや情報更新は、なかなか起きないからこそ実際に起きたときどうすればいいか分からないよな!そこでだ、今回は免許の再交付の方法について紹介しよう。

こういったことは誰でも遭遇することだから、いざという時の為にもこのサイトをお気に入りに登録しておいてくれよ!

 

免許証再交付の方法

N112_cyekusuru500

再交付で気をつけたいのは、どのような理由があっても、必ず本人が行わなければいけないことだ。家族や友人等に代わりに手続きしてもらうことはできないから注意しろよ。

 

【1】運転免許の再交付の手続き場所

運転免許証に記載している住所地を管轄する「警察署」「運転免許試験場」、「運転免許センター」で申請手続きしてくれるぞ。ちなみに、東京での再交付手続きは運転免許試験場のみだから要注意だ。

 

【2】運転免許の再交付に必要な書類

まずは書類を準備だ。下にあげた書類を用意してくれ!

・運転免許証(汚損・破損した場合)
・運転免許証再交付申請書(各手続き場所にあり)
・運転免許証紛失・盗難てん末書(各手続き場所にあり)
・申請用写真1枚(縦3cm×横2.4cm)
・遺失、盗難の場合は身分証明書(保険証、年金手帳、身体障害者手帳、パスポート、社員証、学生証、住民票、外国人登録証明書等)
・印鑑(認印OK)

気をつけておきたいポイントは、
遺失・盗難の場合、事前に「遺失届け・盗難届」を警察署、交番、駐在所等に届け出が必要ということだ。いきなり免許センターに行っても手続きはできないから注意してくれ。

また、IC免許証の場合は、暗証番号(4ケタの数字2組)が必要だ。写真は申請前6ヶ月以内に撮影されたものが必要だぜ!

 

【3】運転免許の再交付の手数料

手数料が3200円でICカードにした場合はプラス400円(合計3600円)だぞ。
ただでできるわけじゃないから、ちゃんとお金も持って行けよ!

 

番長から一言

どうだったかな!?

まあ、この記事を読んでいる時点じゃ免許をまだとっていないかもしれないが、再交付には「複数の書類が必要なこと」「紛失・盗難の場合、警察への手続きが必要なこと」「再交付にはお金がいること」をなんとなく覚えておいてくれれば、とりあえずOKだ!実際に無くしたとき、この記事をもう一度開いてみてくれ!

もちろん、なくさないの一番だから免許証は大切に補完してくれよ!
それじゃーまたな!