免許番長のくるま道場

免許の豆知識

運転免許最終学科試験の手続き方法とその流れ


 

合宿免許が終わったら、最後に待ち構えるのは学科試験だな。
学科試験は、自分が住んでいる土地の運転免許試験場へ行かなければならないから、合宿免許とは別に手配が必要なんだぜ!

そこでだ、今回は最終学科試験を受ける為の手続き方法とその流れを紹介しよう!
合宿免許が終わったからって、最後の最後まで気を抜かずに一発合格を果たしてくれよな!

免許試験写真

申し込みから受験までの流れ

1.試験会場

これは、住民票に登録してある県が管轄している運転免許試験所へ行かなくちゃならないんだ。おそらく県に複数あるだろうから、一番行きやすい場所で受けてくれ!

2.申し込み方法

申し込み方法は、試験会場によって予約が必要だったり、その日に行けばOKだったりとまちまちなんだ。自分の住んでいる県で「運転免許 試験 ○○県」といった具合に検索をして確認してみてくれ。

3.必要書類

手続きに必要なものは以下の書類だ。

・仮運転免許(教習所を卒業した人)
・卒業証明書(教習所に卒業した人)
・技能検査合格証明書
(これがあるから、当日の技能試験はパスになるんだぜ)
・住民票
・身分証明書(保険証、住民基本台帳カード、パスポートなど)
・写真(縦3×横2.4cm)1枚
・認印
(シャチハタ不可、ちなみに「シャチハタ」はゴム印のことだ。知ってたか??)
・申請書及び病気の症状等の申告用紙(試験場に用意してあるぞ)
・受験資格調査票(試験場に用意してあるぞ)
・筆記用具(シャーペン、消しゴム、黒のボールペン)

思っていたより多かったんじゃねーか!?
1つでも忘れたら試験は受けられないから、家を出る前にしっかりチェックするんだぞ!

4.試験時間

試験時間は試験場によって午前のみの場所や、午前と午後にわかれているところがある。また、微妙に時間帯のズレもあるから、そこは自分で確認してくれ。

おおよその時間帯は午前8時30分~9時00分までに受付、様々な手続きを済ませて試験開始、当日のお昼ごろには結果がわかり、受かった人は免許証が即日発行される形式になっているぞ。

5.試験にかかる料金は?

受験料と発行手数料をあわせて4000円程度だ。
ちなみに東京だと受験料1800円、手数料2050円で合わせて3850円となっているぞ。料金も県によっ若干違っているからその確認もしっかりな!

 

番長から一言

どうだったかな!?
自動車学校を卒業してもめんどくさい手続きが多くて萎えた人もいるんじゃねーか!?笑

ただ、この試験をクリアすれば晴れて車を自由に運転できる身になれる。バシッと一発合格して、スイスイ車を乗り回してくれ!

それじゃーまたな!